お知らせ

5月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2022.04.28 UP!



ダウンロード


五月になると境内の藤の花が開き、鶯が鳴き交わすようになります。
本年も昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染がなかなか減少に転じないため、密集を伴う様々な行事に感染防止対策が求められています。
五日は端午の節句で、古く奈良時代から行われ、邪気を祓い病気や災厄を避けるための行事でした。
この日は当社の御祭神である玉依姫様の御縁日である例大祭で、例年であれば神社本庁より献幣使が参向し厳かに祭儀が執行されます。
祭典後には、鎌倉時代まで永井に鎮座していた、後草・水神社の永代大御神楽(千葉県無形文化財第一号)が奉納され、「神楽風に吹かれると無病息災」と言われてきました。
大戦中も齋行されてまいりました例大祭ですが、残念ながら一昨年は神職のみで御奉仕し、昨年・本年は氏子総代・氏子区長のみ参列し、皆様の安寧を大神様に御祈願致すこととなりました。楽しみにしていた方も多い永代大御神楽は、新しくなった神楽殿で二座のみ奉納することとなりました
氏子・崇敬者の皆様には、長期にわたる非常事態に慣れることで感染防止対策が甘くならぬよう、十分に御自愛下さい。

新神楽殿一棟【奉納者】藤兵衛建設・丸康木材(有) 殿
神社改修費【奉納者】地球技術開発(株)佐久間茂樹殿



今月の行事
三日 憲法記念日
四日 みどりの日
五日 こどもの日 玉﨑神社例大祭(神楽二座公開)
一九日 午前 神社総代会海匝銚支部総会(旭市・東総文化会館)
    午後 千葉県神社関係者大会(同右)

六月 御箱巡行(御神体の神幸)
*交通事情により廃され、現在は御神札のみ頒布されています

4月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2022.04.28 UP!



ダウンロード


新年度が始まり、少子高齢化の進む街にも幼稚園や小学校の真新しい制服やカバンを身につけた子どもの姿が見られます。
春の訪れを告げる桜は海辺の町では珍しいのですが、鎮守の森に潮風から守られ、大きく育った本殿脇の桜が見事に開花し、月の光に照らし出されて幻想的です。
冬の寒さを乗り越えてこそ美しい姿を見せてくれる桜は、どこか人生と重なるところがあります。人の一生も同様に、厳しさを乗り越えてこそ、見事な花を咲かせるものです。
相変わらずのコロナ禍。様々な行事が中止され、卒業式も入学式も例年であれば式に同席するはずの在校生や来賓もなく、児童と保護者だけでの寂しい式となってしまっています。
そんな厳しい時代に節目を迎えた子どもを鎮守の森のように暖かく見守り、大きく育てて行くのが大人の努めではないでしょうか。
そうして厳しい時代を乗り越えた子どもは、やがて見事な花を咲かせてくれるものと期待してやみません。


今月の行事
二日 いいおか幼稚園・入園式
   入園報告祭
三日 神武天皇祭(横根岡)
六日 いいおか幼稚園・始業式
一四日 海匝銚支部神職会総会(旭市)
    海匝銚支部総代会理事会
一七日 玉﨑神社例大祭役員会
二九日 昭和の日

五月五日
 玉﨑神社例大祭(神楽祭)

*千葉県無形文化財第一号に指定されたお神楽が奉納されます
*新型コロナウイルス感染予防のため、例大祭の内容に変更が生じる場合がありますので、ご承知下さい。

3月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2022.03.04 UP!



ダウンロード


今年は立春の後も寒さが続き、梅の開花が遅れました。そのような中でも、木々の芽吹きや桜の蕾も目立ってきています。
三日は「桃の節句」(雛祭り)です。本来、節句は「五節句」と言って、一月七日の「七草がゆ」、三月三日の「桃の節句」、五月五日の「端午の節句」、七月七日の「七夕」、九月九日の「菊の節句」があり、季節の節目に身の穢れを祓い、健康長寿や厄除けを願う季節の行事でした。
人形に穢れを移し身を浄めることが行われ、この人形が後に立派な美しい雛人形に変化し、現在のようになりました。
人は誰もが、生き生きとして充実した人生を送りたいと願います。そのためには生命が活力に満ちていなければなりません。
その一つの方法が「人生儀礼」と言われるものです。
安産祈願から始まり、産湯・命名・初宮参り・お食い初め・初節句・七五三詣・立志式( 十五祝)など、節目ごとに神様へ感謝と祈りを捧げ、常に神様と縁を持ち続けてきました。
東日本大震災から十一年。改めて自然災害の脅威を思い起こし、神々の御加護を願わざるを得ません。


今月の行事
三日 桃の節句
五日 啓蟄
六日 後草・水神社例祭(神楽中止)
八日 いいおか幼稚園卒園遠足
一〇日 千葉県神社関係者大会準備会
二一日 春分の日
二二日 卒園報告祭
二三日 いいおか幼稚園卒園式
二四日 いいおか幼稚園修了式
    修了報告祭

四月二日 いいおか幼稚園入園式
     入園報告祭

2月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2022.01.31 UP!



ダウンロード

今年は穏やかなお正月で、境内の紅梅や白梅が開花しました。
七草の「筒粥の神事」・正月例大祭の御神的神事では、「年の前半は水は平年並み、風はやや強い日有」「年の後半は水はやや少なめ、風はやや強い日有」との御託宣でありました。神様のことばに耳を傾け、一年を平穏に過ごしましょう。
一年には四季があり、それぞれに立春・立夏・立秋・立冬の節目があります。特に冬から春に移り変わる立春は、節気による「正月節」として重んじられ、古くは立春から一年が始まるともされていたため、立春の前日を「節分」と呼び、柊の枝に鰯の頭を刺して戸口に立てたり、炒った豆を撒いたり、様々な災厄を祓う行事が行われてきました。
本年も、新型コロナウイルス感染拡大による「まん延防止措置」が発令され、節分の*豆撒きは縮小、神職・総代のみで追儺の神事を行うことになりました。
*景品交換はありません



今月の行事
三日 節分祭(追儺式)神職・総代のみで齋
   *文化財火災予防のため、古神札のお焚き上げは中止します
四日 立春
九日 並木町・胡桃下稲荷神社例祭
一〇日 初午
一一日 建国記念の日
二三日 天皇誕生日

「節分祭」は縮小となりますが、小学生の皆さんには、
学校を通じて「福豆」を贈呈させていただきます。
各家で豆撒きを行って、災厄を祓いましょう。

1月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2021.12.30 UP!



ダウンロード

全てのものが改まるお正月。
各家々ではお正月を迎えるため、門松を立て、〆縄を張り、鏡餅を飾り、おせち料理をつくります。
そもそも「年」の語源は「稔=穀物や稲の実り」です。
初日の出とともに「歳神様」をお迎えすることがお正月であり、歳神様から新しい命をいただき、一歳年をとります。
そして、歳神様をおもてなしする事で、この一年の稔りと幸せをもたらして下さるように祈ります。

門松=神様にお降りいただく目印。
〆縄=清浄な場所。
鏡餅=神様に留まっていただく場所。
おせち料理=神様にお供えする料理。

そして、おせち料理をいただく際に用いるのが「祝箸」で、両端が細くなっているお箸です。
これは、「神様と人が共に食事をする」ためのお箸で、「我々は神様から命や恵をいただいて生活をしている」ことに感謝を捧げ御利益をいただくために用います。
玉﨑神社では、歳旦祭で氏子の安寧を祈るとともに、七草に「筒粥の神事」、
小正月である十五日に横根岡区の氏子の御奉仕による「御神的神事」で神様の声をお聞きし、一年の吉凶を占います。
神様のことばに耳を傾け、一年を平穏に過ごしましょう。

今月の行事
一日 歳旦祭・正月祈念 ~ 三日 (午前八時 ~ 午後四時)
七日 七草・筒粥の神事(非公開)網戸・熊野神社例祭
九日 萩園・宝石稲荷神社例祭
一〇日 成人の日 行内・琴平神社、飯岡々・富岡神社例祭
一一日 平松岡・八幡神社例祭
一二日 横根岡・稲荷神社、妙見神社例祭
一五日 正月例大祭(一〇時~御神的神事
一六日 駒込・日月神社例祭
二〇日 大寒
二二日 永井岡・海津見神社例祭

「節分祭」 二月三日午後六時~
*文化財保護につき「古神札お炊き上げ」は中止します
*古神札は正月三が日の内に社務所へお持ち下さい。
*年男・年女受付中(申込☎57-2278)

お問い合わせ・ご相談

御祈願・御祈祷のご予約や出張祭典のご相談など
いつもでお気軽にご連絡ください。

0479-57-2278

お電話受付 8:00~16:00
FAX:0479-57-2278(24時間受付)