お知らせ

6月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.05.26 UP!




PDFダウンロード


田植えが済んで早一ヶ月。田はいつのまにか苗が育ち、青田となりました。私たちは自然に育まれ、自然の恵によって生かされています。
境内の梅の実も色づき、紫陽花もあちこちの庭先で咲き始め、梅雨入りも間近となってきました。
梅雨から夏の時期は湿度も高く昔から疫病( 食中毒や流行性の病気)が流行ると恐れられてきました。仏教では大般若会を正月・五月・九月(現在の暦で言うと二月・六月・十月頃)に行って疫病退散を願ってきました。
当社では、六月に御神体を入れた御箱が氏子町内を巡り疫病退散を願う行事がありました。また、七月末には「夏越大祓」といって夏を無事に越せるよう、人形と言われる御神札に罪穢れを移して神前にお参りし、茅の輪をくぐる神事が現在も行われています。
本年は、新型コロナウイルスが流行し、緊急事態宣言が発出されました。神様の御加護により今後も氏子崇敬者の皆様が感染せぬようお祈り申し上げます。


今月の行事
中旬 御箱巡行(御神体の神幸)
   *交通事情により廃され、現在は御神札のみ頒布されます
一〇日 入梅
一一日 いいおか幼稚園・ひよこ教室
一五日 県民の日
二一日 夏至
二五日 網戸・八重垣神社天王縛り祭
    いいおか幼稚園・ひよこ教室
三〇日 網戸・熊野神社輪くぐり祭
七月一二日 祇園祭(神輿出御等未定)
      永井岡・海津見神社大崎町・八雲神社
      平松岡・八幡神社横根岡・八雲神社
三〇日 夏越大祓輪くぐり祭・献灯祭
    *半紙版「書・画」募集中

5月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.04.22 UP!



PDFダウンロード

五月になると境内の藤の花が開き、鶯が鳴き交わすようになります。
今年は寒暖の差が激しく肌寒さと初夏のような陽気が交互にやって来ますが、藤の花も間もなく満開です。
本年は、新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が全国に発出され、密集を伴う様々な行事が中止されています。
五日は端午の節句で、古く奈良時代から行われ、邪気を祓い病気や災厄を避けるための行事でした。
この日は当社の御祭神である玉依姫様の御縁日である例大祭で、例年であれば神社本庁より献幣使が参向し厳かに祭儀が執行されます。
祭典後には、鎌倉時代まで永井に鎮座していた、後草・水神社の永代大御神楽(千葉県無形文化財第一号)が奉納され、「神楽風に吹かれると無病息災」と言われてきました。
大戦中も齋行されてまいりました例大祭ですが、本年は残念ながら神職のみで御奉仕し、氏子・崇敬者の皆様の安寧を大神様に御祈願致すこととなりました。
氏子・崇敬者の皆様には、この非常事態に際し、外出を自粛され、感染されませぬよう御自愛下さい。

今月の行事
三日憲法記念日四日みどりの日
五日こどもの日玉﨑神社例大祭(中止)
六日振替休日
※五月~六月に予定されておりました神社庁・神社総代会関係の諸行事は全て中止となりました。

六月御箱巡行(御神体の神幸)
*交通事情により廃され、現在は御神札のみ頒布されています

「玉﨑神社例大祭」中止のご案内

2020.04.09 UP!


PDFダウンロード

新緑の季節となりました。氏子・崇敬者の皆様には御健勝にてお過ごしのことと存じます。
さて、令和2年4月7日に政府より7都府県に緊急事態宣言が発出されました。
3月中旬以降、感染者数が急増し、今後、対人接触を8割減少しない限り、感染爆発・医療崩壊をも起こしかねず、国体にとって危機的な状況であります。
このような状況に鑑み、大戦中も氏子崇敬者の御努力により連綿として齋行してまいりました5月5日の玉﨑神社例大祭(御田祭・御神楽祭)の儀、苦渋の決断ではありますが中止せざるを得ない状況となりました。
例大祭当日は、神職のみで御奉仕させていただき、氏子崇敬者の安寧を大神様に御祈念申し上げることといたします。
今後、一日も早く感染が減少傾向に転じ、日常の生活が取り戻せることを祈るばかりです。
末筆ながら、皆々様の御健勝を心よりお祈り申し上げます。

4月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.03.26 UP!



PDFダウンロード

新年度が始まり、街には幼稚園や小学校の真新しい制服やカバンを身につけた子ども達の姿が見られます。
社殿改修の足場の陰に成ってしまっていますが、冬の寒さを乗り越えた本殿脇の桜が一気に開花しました。人の一生も同様に、厳しさを乗り越えてこそ、見事な花を咲かせるものです。
玉﨑神社の本殿・拝殿は、それぞれ元禄十年・嘉永五年に造営され、彫刻や造りは県内に於いても類を見ない勇壮かつ荘厳な社殿で、千葉県の文化財に指定されています。
造営以来永年風雨に曝され、地震や塩害を受けて傷みが進んできておりましたが、氏子・崇敬者の皆様のご奉賛を得て、平成二十九年度から屋根や柱・梁等の大修理を行っています。
令和元年度末には本殿屋根の葺き替えが済みました。本年度は、拝殿屋根の葺き替えを行い、晩秋には四年度に渡って行われて参りました全ての改修が終了します。
新年には、改修成った御社殿でお正月を迎えられる予定です。


今月の行事

四日 いいおか幼稚園・入園式、入園報告祭
五日 神武天皇祭(横根岡)
六日 いいおか幼稚園・始業式
八日 海匝銚支部神職会総会(匝瑳市)、海匝銚支部総代会理事会
一一日 玉﨑神社例大祭役員会
二九日 昭和の日

五月五日 玉﨑神社例大祭(神楽祭)
*千葉県無形文化財第一号に指定されたお神楽の時にお菓子を撒きます
*新型コロナウイルス感染予防のため、例大祭の内容に変更が生じる場合がありますので、ご承知下さい。

3月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.02.25 UP!



PDFダウンロード

今年は暖冬の影響で、境内の梅も散り、木々の芽吹きや桜の蕾も目立ってきています。
三日は「桃の節句」(雛祭り)です。本来、節句は「五節句」と言って、一月七日の「七草がゆ」、三月三日の「桃の節句」、五月五日の「端午の節句」、七月七日の「七夕」、九月九日の「菊の節句」があり、季節の節目に身の穢れを祓い、健康長寿や厄除けを願う季節の行事でした。
人形に穢れを移し身を浄めることが行われ、この人形が後に立派な美しい雛人形に変化し、現在のようになりました。
人は誰もが、生き生きとして充実した人生を送りたいと願います。そのためには生命が活力に満ちていなければなりません。
その一つの方法が「人生儀礼」と言われるものです。
安産祈願から始まり、産湯・命名・初宮参り・お食い初め・初節句・七五三詣・立志式( 十五祝)など、節目ごとに神様へ感謝と祈りを捧げ、常に神様と縁を持ち続けてきました。


今月の行事

一日 後草・水神社神楽祭
三日 桃の節句
五日 啓蟄
七日 八木・阿蘇大神鳥居竣工祭
一〇日 いいおか幼稚園・卒園遠足
一七日 彼岸の入り
二〇日 春分の日・春季皇霊祭
二一日 いいおか幼稚園・卒園式、卒園報告祭
二四日 いいおか幼稚園・修了式、修了報告祭
四月四日 いいおか幼稚園・入園式、入園報告祭

お問い合わせ・ご相談

御祈願・御祈祷のご予約や出張祭典のご相談など
いつもでお気軽にご連絡ください。

0479-57-2278

お電話受付 8:00~16:00
FAX:0479-57-2278(24時間受付)