お知らせ

8月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.07.20 UP!



PDFダウンロード


ここ数年、地球規模で気候変動が起こっています。七月上旬には、三年続けて九州で豪雨災害が発生しました。
新型コロナウイルスも緊急事態宣言時を上回る拡大状況で、再度、気を引き締めないと「目を覆いたくなるような惨状」にもなりかねません。
八月はお盆月とも言われ、祖先の霊を祀る行事が行われます。
日本人の家庭の宗教は九割近くが仏教です。仏教には元来、祖先を供養するという教えはありませんでした。
しかし、仏教が日本に伝来し、日本民族の固有の信仰である神社神道の祖霊祭祀を取り入れる事で、広く布教されていきました。
迎え火を焚き、祖先の霊をお迎えし、親類・縁者が集って祖霊をもてなし、送り火を焚いてお送りします。
最近は少なくなった「盆踊り」や観光化している「花火」(今年はコロナの影響で中止が相次いでいますが)も祖霊を慰める行事です。
「祖先を大切にし、祖先を偲ぶことが人間として最も大切である」という日本人の心に根ざした信仰を子や孫の世代に伝えていく事が、欧米化した物質主義から日本人らしさを取り戻すためには大切な事です。




今月の行事
一日 八朔(田の実の節句=初穂献上)
七日 立秋
一〇日 山の日(祝日)
一三日 盆・迎え火
一五日 終戦記念日
    戦没者慰霊祭(玉﨑神社・忠霊塔七時~)
一六日 盆・送り火
一八日 海匝銚支部神職会議
二三日 処暑
三一日 二百十日(風祭)

*玉﨑神社正月例祭(一月十五日)の御的神事(おまとしんじ)で、年の後半は「風・水の障りの気配あり」の御託宣(ごたくせん)。
台風・強風・集中豪雨に注意!


7月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.06.26 UP!



PDFダウンロード


例年であれば、祇園祭の鳴り物の稽古で、日暮れと共に町内のあちこちから笛や太鼓の音が聞こえて来ます。
本来、祇園祭は、疫病が流行し農業稲作の害虫に悩まされる時期でもあるので、牛頭天王・八坂・八雲の神々の御利益を頂くため、疫病除けを願う祭りで、神輿が町内を巡り、夏祭りに彩りを添えてきました。
残念ながら本年は、新型コロナウイルスの感染を懸念し、神輿の渡御が中止となりました。
中旬には、総鎮守の玉﨑神社から人形札・中臣大祓の神札が頒布されます。三〇日には「輪くぐり」と称して茅萱で作った輪が神庭に掛けられます。人形札で家族の体を拭い、茅の輪をくぐって、半年間の罪や穢れを祓います。厄除けをすることで、年の後半を健康で過ごしましょう。


今月の行事
一日 平松浜・浅間神社例祭
四日 西上町・琴平神社例祭
五日 本町・八重垣神社例祭
九日 行内・琴平神社例祭
九日 いいおか幼稚園・ひよこ教室(ベビーマッサージ・手形アート)
一一日 小網町、広網町・三峯神社宵宮祭
一二日 横根岡・八雲神社例祭 平松岡・八幡神社例祭
【町内神輿渡御→ 中止
一六日 いいおか幼稚園・ひよこ教室(二・三歳児英語体験)
一七 並木町・胡桃下稲荷神社例祭
一九日 川端町・愛宕神社例祭
二六日 後草・水神社祇園祭
    網戸・八重垣神社例祭
二七日 横根西浜・阿夫利神社例祭(花火)
三〇日 夏越の祓(輪くぐり・献灯祭)

*献灯祭の作品は二〇日までに
いいおか幼稚園へご持参下さい


6月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.05.26 UP!




PDFダウンロード


田植えが済んで早一ヶ月。田はいつのまにか苗が育ち、青田となりました。私たちは自然に育まれ、自然の恵によって生かされています。
境内の梅の実も色づき、紫陽花もあちこちの庭先で咲き始め、梅雨入りも間近となってきました。
梅雨から夏の時期は湿度も高く昔から疫病( 食中毒や流行性の病気)が流行ると恐れられてきました。仏教では大般若会を正月・五月・九月(現在の暦で言うと二月・六月・十月頃)に行って疫病退散を願ってきました。
当社では、六月に御神体を入れた御箱が氏子町内を巡り疫病退散を願う行事がありました。また、七月末には「夏越大祓」といって夏を無事に越せるよう、人形と言われる御神札に罪穢れを移して神前にお参りし、茅の輪をくぐる神事が現在も行われています。
本年は、新型コロナウイルスが流行し、緊急事態宣言が発出されました。神様の御加護により今後も氏子崇敬者の皆様が感染せぬようお祈り申し上げます。


今月の行事
中旬 御箱巡行(御神体の神幸)
   *交通事情により廃され、現在は御神札のみ頒布されます
一〇日 入梅
一一日 いいおか幼稚園・ひよこ教室
一五日 県民の日
二一日 夏至
二五日 網戸・八重垣神社天王縛り祭
    いいおか幼稚園・ひよこ教室
三〇日 網戸・熊野神社輪くぐり祭
七月一二日 祇園祭(神輿出御等未定)
      永井岡・海津見神社大崎町・八雲神社
      平松岡・八幡神社横根岡・八雲神社
三〇日 夏越大祓輪くぐり祭・献灯祭
    *半紙版「書・画」募集中

5月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2020.04.22 UP!



PDFダウンロード

五月になると境内の藤の花が開き、鶯が鳴き交わすようになります。
今年は寒暖の差が激しく肌寒さと初夏のような陽気が交互にやって来ますが、藤の花も間もなく満開です。
本年は、新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が全国に発出され、密集を伴う様々な行事が中止されています。
五日は端午の節句で、古く奈良時代から行われ、邪気を祓い病気や災厄を避けるための行事でした。
この日は当社の御祭神である玉依姫様の御縁日である例大祭で、例年であれば神社本庁より献幣使が参向し厳かに祭儀が執行されます。
祭典後には、鎌倉時代まで永井に鎮座していた、後草・水神社の永代大御神楽(千葉県無形文化財第一号)が奉納され、「神楽風に吹かれると無病息災」と言われてきました。
大戦中も齋行されてまいりました例大祭ですが、本年は残念ながら神職のみで御奉仕し、氏子・崇敬者の皆様の安寧を大神様に御祈願致すこととなりました。
氏子・崇敬者の皆様には、この非常事態に際し、外出を自粛され、感染されませぬよう御自愛下さい。

今月の行事
三日憲法記念日四日みどりの日
五日こどもの日玉﨑神社例大祭(中止)
六日振替休日
※五月~六月に予定されておりました神社庁・神社総代会関係の諸行事は全て中止となりました。

六月御箱巡行(御神体の神幸)
*交通事情により廃され、現在は御神札のみ頒布されています

「玉﨑神社例大祭」中止のご案内

2020.04.09 UP!


PDFダウンロード

新緑の季節となりました。氏子・崇敬者の皆様には御健勝にてお過ごしのことと存じます。
さて、令和2年4月7日に政府より7都府県に緊急事態宣言が発出されました。
3月中旬以降、感染者数が急増し、今後、対人接触を8割減少しない限り、感染爆発・医療崩壊をも起こしかねず、国体にとって危機的な状況であります。
このような状況に鑑み、大戦中も氏子崇敬者の御努力により連綿として齋行してまいりました5月5日の玉﨑神社例大祭(御田祭・御神楽祭)の儀、苦渋の決断ではありますが中止せざるを得ない状況となりました。
例大祭当日は、神職のみで御奉仕させていただき、氏子崇敬者の安寧を大神様に御祈念申し上げることといたします。
今後、一日も早く感染が減少傾向に転じ、日常の生活が取り戻せることを祈るばかりです。
末筆ながら、皆々様の御健勝を心よりお祈り申し上げます。

お問い合わせ・ご相談

御祈願・御祈祷のご予約や出張祭典のご相談など
いつもでお気軽にご連絡ください。

0479-57-2278

お電話受付 8:00~16:00
FAX:0479-57-2278(24時間受付)