お知らせ

1月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2021.12.30 UP!



ダウンロード

全てのものが改まるお正月。
各家々ではお正月を迎えるため、門松を立て、〆縄を張り、鏡餅を飾り、おせち料理をつくります。
そもそも「年」の語源は「稔=穀物や稲の実り」です。
初日の出とともに「歳神様」をお迎えすることがお正月であり、歳神様から新しい命をいただき、一歳年をとります。
そして、歳神様をおもてなしする事で、この一年の稔りと幸せをもたらして下さるように祈ります。

門松=神様にお降りいただく目印。
〆縄=清浄な場所。
鏡餅=神様に留まっていただく場所。
おせち料理=神様にお供えする料理。

そして、おせち料理をいただく際に用いるのが「祝箸」で、両端が細くなっているお箸です。
これは、「神様と人が共に食事をする」ためのお箸で、「我々は神様から命や恵をいただいて生活をしている」ことに感謝を捧げ御利益をいただくために用います。
玉﨑神社では、歳旦祭で氏子の安寧を祈るとともに、七草に「筒粥の神事」、
小正月である十五日に横根岡区の氏子の御奉仕による「御神的神事」で神様の声をお聞きし、一年の吉凶を占います。
神様のことばに耳を傾け、一年を平穏に過ごしましょう。

今月の行事
一日 歳旦祭・正月祈念 ~ 三日 (午前八時 ~ 午後四時)
七日 七草・筒粥の神事(非公開)網戸・熊野神社例祭
九日 萩園・宝石稲荷神社例祭
一〇日 成人の日 行内・琴平神社、飯岡々・富岡神社例祭
一一日 平松岡・八幡神社例祭
一二日 横根岡・稲荷神社、妙見神社例祭
一五日 正月例大祭(一〇時~御神的神事
一六日 駒込・日月神社例祭
二〇日 大寒
二二日 永井岡・海津見神社例祭

「節分祭」 二月三日午後六時~
*文化財保護につき「古神札お炊き上げ」は中止します
*古神札は正月三が日の内に社務所へお持ち下さい。
*年男・年女受付中(申込☎57-2278)

12月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2021.12.01 UP!



ダウンロード

師走、一年納めの月となりました。日暮れも早く、冬本番の気配が感じられる季節となってきます。
年の暮れになると、各家々では「煤払い」をして、お正月を迎える準備を始めます(元々は十三日に行ったものです)。
神棚・仏壇を清め、神棚に新しい稲藁で作った「しめ縄」を張り、新米でお餅をついて「お供え」を作り、青々とした松竹で作った「門松」を立てて「歳神様」を迎えるための準備をします。
「歳神様」の「とし」とは、「稲」を意味し、豊かさや恵み・生命の象徴です。ですから古来・日本では、お正月になると「歳神様から新しい命をいただき、一歳年とる」という「数え年」という年齢の数え方をしてきました。
今日でも、私たち日本人は様々な人生儀礼に関する年齢は「数え年」で行っています。これは、成長過程の節目ごとに充実した人生が送れるよう、神様に感謝と祈りを捧げ、常に神様との御縁を持ち続けてきている証です。
清々しい家、清々しい心で歳神様(新年)を迎え、初詣をしたいものです。

今月の行事
四日 正月例祭祭典委員会
   氏子総代会/一三時三十分~
   当番区長会/一四時三十分~
   お正月様頒布始め/ ~中旬
七日 大雪
八日 いいおか幼稚園 雪組親子教室
九日 塙・皇産霊神社例祭(初卯)
二二日 冬至
二四日 いいおか幼稚園 終業式
三一日 年越の大祓(一八時)

一月一日 元旦 正月祈念(御祈祷)/〇時~一時 七時~一六時
二日以降は 八時~一六時


新年の初詣は、新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用の上、「密」にならぬよう、気をつけてお参り下さい。

11月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2021.11.01 UP!




ダウンロード


霜月=文字通り霜の降りる季節。七日が立冬、二十二日は小雪と、冬の気配が感じられる季節となってきます。
三日は「文化の日」。元々は「明治節」と言い、日本の近めいじせつ代化を推し進められた明治天皇の誕生日を祝う祝日でした。同様に二十三日の「勤労感謝の日」も元々は「新嘗祭」にいなめさいという一年の収穫を神様に感謝するお祭の日で、転じて勤労を尊び生産を祝う祝日となっています。
人の一生には様々な儀礼があります。安産祈願・初宮参り・ぎれいあんざんきがんはつみやまいお食い初め・初節句・立志式(十五祝い)・成人式等々。
七五三詣もその一つで、三歳の男女児は「髪置」と言って、しちごさんもうでかみおきこの日から髪を伸ばし始めました。五歳の男児は「袴着」ではかまぎ袴を着け始め、七歳の女児は「帯解」で紐付きの着物から帯おびときで締める着物にかえ、晴れて一人前として扱われるようになる日です。そして、乳幼児期の大変な時期を神様の御加護で無事に成長したことを報告し、これからの御加護を祈ります。
私たち日本人は、成長の過程の節目ごとに充実した人生が送れるよう、神様に感謝と祈りを捧げ、常に神様との御縁を持ち続けているのです。



今月の行事

一日 いいおか幼稚園入園願書受付一五日〆切り
三日 文化の日・明治節
五日 神宮大麻頒布始祭(匝瑳市・水神社)
一〇日 いいおか幼稚園 親子教室
一一日 いいおか幼稚園 ひよこ教室
一五日 七五三詣 / いいおか幼稚園 七五三参拝
一七日 いいおか幼稚園 保育部祖父母参観
一八日 いいおか幼稚園 教育部祖父母参観
二三日 勤労感謝の日 / 新嘗祭(神職・総代にて齋行)/ 総代会・新旧役員引継ぎ会
二五日 いいおか幼稚園 ひよこ教室

十二月上旬より「お正月様」が頒布されます。

10月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2021.09.29 UP!



ダウンロード


今年は天候不順の日が続きましたが、農業を営む敬神家の皆様から、「神様の御加護があって梅雨明けから台風もなく、作物の生育は順調でした。どうぞ神様にお供えしてください」と、新米を御奉納いただきました。

「秋」は「稲などの穀物が飽き満ちる」が語源とされ、穀物や果物などの収穫期に当たります。
一年間、祈年祭をはじめ様々なお祭を通して神様に豊作を祈ってきました。その御礼として、神事祭では各家の氏神様に神社から頒布された神事幣をお祀りし、新穀や甘酒をお供えしたりします。

十月十七日に宮中(皇居)及び伊勢神宮では天皇陛下が刈り取られた新穀を、天照大御神に奉る神事である「神嘗祭」が齋行されます。このお祭の後に、天皇陛下も初めて新米をいただきます。この頃になると、北の地方では野山に秋風が吹き、秋の深まりとともに、「紅葉狩」の季節となっていきます。自然の恵みが豊かで四季の移ろいが美しい日本ならではの行事です。

平成二九年度に着手致しました社殿改修工事が、記念碑除幕式をもって完遂いたします。御奉賛ありがとうございました。


今月の行事 
九月中頃より「神事祭」の御神幣が頒布されています。御神幣を受け、神棚にお祀りしましょう。

 一日 いいおか幼稚園・入園願書配布開始
 六日 いいおか幼稚園・ひよこ教室(要予約)
 七日 いいおか幼稚園・親子教室(月組)
一五日 玉﨑神社 秋季例祭(神事氏神祭)
    社殿改修記念碑除幕式
一七日 神嘗祭(宮中・伊勢神宮)
二〇日 いいおか幼稚園・運動会(非公開)
二五日 千葉県神社関係者記念大会(千葉市)
二八日 いいおか幼稚園・英語教室(要予約)
*いいおか幼稚園・願書受付 十一月一日~

8月のお知らせ【千葉県旭市・玉﨑神社】

2021.08.05 UP!



ダウンロード

ここ数年、地球規模で気候変動が起こっています。七月には、台風が異例のコースを辿り東北地方に上陸しました。
新型コロナウイルスも四度目の緊急事態宣言発出にも関わらず、「目を覆いたくなるような惨状」で、当地でも連日感染者が多数出ており、医療崩壊にもなりかねません。
八月はお盆月とも言われ、祖先の霊を祀る行事が行われます。
日本人の家庭の宗教は九割近くが仏教です。仏教には元来、祖先を供養するという教えはありませんでした。
しかし、仏教が日本に伝来し、日本民族の固有の信仰である神社神道の祖霊祭祀を取り入れる事で、広く布教されていきました。
迎え火を焚き、祖先の霊をお迎えし、親類・縁者が集って祖霊をもてなし、送り火を焚いてお送りします。最近は少なくなった「盆踊り」や観光化している「花火」(今年もコロナの影響で中止が相次いでいますが)も祖霊を慰める行事です。
「祖先を大切にし、祖先を偲ぶことが人間として最も大切である」という日本人の心に根ざした信仰を子や孫の世代に伝えていく事が、欧米化した物質主義から日本人らしさを取り戻すためには大切な事です。


今月の行事 
 一日 八朔(田の実の節句=初穂献上)
 七日 立秋
 八日 山の日(祝日)
一三日 盆・迎え火

一五日 終戦記念日
    戦没者慰霊祭(玉﨑神社・慰霊塔七時~)
一六日 盆・送り火
一九日 海匝銚支部神職会議
二三日 処暑
三一日 二百十日(風祭)


*玉﨑神社正月例祭(一月十五日)の御的神事で、年の後半は「風を侮るべからず」の御託宣。
 蜂の巣も低い所に掛けられており、台風に注意!

お問い合わせ・ご相談

御祈願・御祈祷のご予約や出張祭典のご相談など
いつもでお気軽にご連絡ください。

0479-57-2278

お電話受付 8:00~16:00
FAX:0479-57-2278(24時間受付)